logo
logo
  ログイン 
 アクセスカウンタ
今日 : 161161161
総計 : 526956526956526956526956526956526956
 時計
 山行記録 月別過去ログ
 山行記録 検索
 リンク

■ 毛勝谷より毛勝山へ     2009/06/06
カテゴリー: - こまさ :

  2009年6月6日(土)〜7日(日)
  メンバー;中田・牧野・鈴木(五)

 前夜21時過ぎ、外環「川口西」インターより関越・信越道を経て一路北陸道「魚津」へ。魚津より1時間半ほどで、無人の館「片貝山荘」に着く。いつもの酒宴をする気にもなれず、早速、仮眠に就く、午前2時。(牧野さん、運転ご苦労さまでした)

 明けて6日、ゆっくり起きようと言っていたのだが、やはり、山やの習性なのか、お互い貧乏性なのか、5時すぎにはごそごそ起きだしてしまった。車で宗次郎谷のパーキングまで移動(5月の頃だと、ここまでは雪で道は閉ざされていて、片貝山荘より30分以上歩かねばならないようだ)、6時半、歩き出す。
 しばらく林道を進み、堰堤の脇の急な道を登り、少し進むと阿部木谷(あぶぎだに)の河原に出る。石伝いにドボーンしないように何度か渡ると、いよいよ雪渓歩きとなる。


写 ^ど木谷を遡る

そこより30分ぐらい行くと谷は狭まり、両岸が切り立った岩壁が迫ってくる「板菱」というところに出る。ここより先は谷が明るくなり、すぐにはっきりと分かる「大明神沢」と「毛勝谷」の出合に着く。


写 大明神沢出合、いよいよ毛勝谷へ

さあ、いよいよ左へ進み「毛勝谷」に入り、ただ、黙々とひたすら雪渓を登る。まだ、傾斜はきつくない。天気はなんとか雨は大丈夫そうだがガスっている。
 三ノ又が望めた。そこより谷は急峻になるので、早々にアイゼンをつける。谷は不気味だ。そこらじゅうに落石が転がっている。ガスの中より音も立てずに落石が滑り落ちてきた。それは恐怖の一語に尽きる。なにしろ雪渓上なので音もなく襲ってくるのだ。


写ぁ|もいよいよ急峻に

今度はガスの中よりザザッーとものすごい音がした。身構えると、ガスの中より山スキーヤーが目の前に現れた。こんな急峻な谷をそれもそこらじゅう落石だらけのところを物好きな奴もいるものだと、あきれるやら、感心するやら。
 谷はますます傾斜がきつくなる、スリップしたらおそらく、真っさかさまに下まで行ってしまうだろう。きつくてまっすぐ登れない、ジグザグをきりながら高度をかせぐ。


写ァ[農が近そう。でも、なかなか着かない


写Α〆埜紊竜渊圓陛个蠅鬚弔瓩詁鷽

いよいよ稜線が近づいてきたような雰囲気だ。最後の急登をのぼりトラバース気味にたどり、4,5メーター潅木を漕ぎ分けると、そこは稜線だった。13時、な、なんと、6時間半もかかってしまった。60代3人組、ま、こんなもんか! 


写А,笋辰箸了廚い悩埜紊離筌屬鬚海、稜線へ出た

 荷をそこに置き、緩やかな雪稜を辿り山頂を目指す。晴れていれば剱岳北方稜線が見えるはずなのだが、残念、いまは剱はあのガスの中か。20分ぐらいで2414メートルの山頂に立つ。高度差1700メートルの厳しいアルバイトだった。
 山頂からはいま登ってきた毛勝谷が望める。エッ、あんなところを登ってきたのか、その険しさにぞっとする。


写─〇劃困呂韻个韻个靴て刺犬發覆、素朴ないい所だった


写 毛勝谷を眼下に望む

 もう大分疲れていたので、今夜はここでビバークし、明日、朝早く雪がしまっているうちに降りることにし、タープとツエルトで今夜の寝床を作り、酒宴後、眠りにつく。

 7日。やはりここに泊まったのは正解だった。ツエルトを開けると、そこには眼前に鹿島槍、五竜の後立山連峰の峰峰が、もちろん、剱岳もしっかり望めた。(めんどくさがらずに早くシャッターを切っていれば、もっとはっきりした写真が撮れたのに。カメラが外のザックの中にあったため、残念!)


写 鹿島槍遠望


写 霧に霞む剱岳、カメラを出す前はよく見えていたのだが・・・・

 さあ、いよいよ下山。アイゼンを念入りにチェックし出発準備する。ここより一気に急斜面を降りる。スリップしたら荷もあり、この雪では滑落停止をしても止まりそうもない。

写 下山、入念にアイゼンをチェック!

写 ここより一気に谷底へ
大石が滑りだした。止まることを知らない、みるみるうちに落石は小さくなっていった。
もう、カニさんみたいに横降りで下って行くので、片方の足が痛い。筋肉が笑っている。
 下りは早いものだ。1時間40分ぐらいで「大明神沢」の出合に着いた。やれやれ、この先はもう、一応、安全圏(?)に入った。雪渓の終わりでアイゼンをはずす。振り返ると、急峻を極めた「毛勝谷」はもう、見えなくなっていた。

(代筆 こまさ)

前へ戻る

15 queries. 0.049 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress