logo
logo
  ログイン 
 アクセスカウンタ
今日 : 4
総計 : 575048575048575048575048575048575048
 時計
 山行記録 月別過去ログ
 山行記録 検索
 リンク

■ 日光 霧降川 遡行   2015/07/24
カテゴリー: - ひで :

ここから入ります。

んで、この道に入ります(ここから山ビル攻撃スタート)

ここを降りてきました、結構ガレてます。

入渓点の2段3m幅広滝 

癒し系のスタート

この辺りはのんびりですね

こんな感じでまったりモード

ヘツってます

画像ではわかりにくいですが透明度がメチャ高い

まったり

なんとなく笛吹川の釜の沢を彷彿させます

ミニチュア版ナイアガラ

2段大滝です(2段40m)

2段大滝の1段目から

2段大滝の1段目から

2段目はイケないので巻いたらトンデモナイ所に仏像がありました、誰が上げたんだろ?

巻いた上から懸垂下降、そんなレベルのところに仏像がありましたよ

釜は深いけど水はスゴイ透明です

霧降大滝(上部30m)です、霧吹きしてるみたいでいるだけでびしょ濡れです

日本庭園のような美しさ

日本庭園のような美しさ

脇道入った滝

玉簾の滝、前川大滝のようなイメージです

前川大滝風の光景、綺麗ですよ

んで終わり

(お先)マックラ滝の看板

ふーん、初めて知りました

これがマックラ滝、登れません

おしまい

日光 霧降川 遡行
メンバー K村、N村、F王寺
所要時間 
08:00 霧降の滝入り口
09:30 入渓地点 (3m幅広)
11:00 霧降大滝 (2段40m)
12:30 霧降大滝 (上部30m)
14:00 玉簾の滝 (2段10m)
14:30 マックラ滝(20m)
15:00 装備解除
16:00 駐車場到着

【感想】
出だしの「霧降の滝観瀑台」から林道まで山ビルの洗礼を浴びる…
居るとは聞いていたが余りの数にメンタルヒットポイントを根こそぎ奪われる。
入渓点までの下降に山ビル攻撃に躊躇するが山ビル攻撃は林道迄であったのと開き直りでガシガシ下降する。

この山ビル攻撃で入渓までのメンタルスイッチを入れるのに少々時間が掛かった。

霧降大滝(上部30m)を見れば何故「霧降」という名前が付いたか良くわかる滝である。

沢全般的に滝は直登可能、釜は非常に綺麗で前川大滝か釜の沢を連想させる。
ナメ、釜、滝、大滝とバランスよく揃っているが遡行記録が少なく、高巻きも不明瞭である。
基本的に霧降大滝(2段40m)の上段以外は巻きはしないと考えた方が良いかもです。

沢自体は非常に綺麗でお勧めな沢です(山ビル攻撃には辟易するけど)

全体的にナメが多い点と滝が登りやすい、下山が容易な点とエスケープルートが豊富な点から
1級上程度かなと勝手に思ってますが初級者、中級者も満足出来る秀逸な沢です。

【当日の記録】
天候   快晴
風力   ほぼ無し
遡行時間 8時間
沢難易度 1級上〜2級未満?(自己解釈です、アテにしないで下さい)
装備品  ロープは30mは必要 人数が多い場合は50mもアリ。
     カムは2番が1つか2つあれば良い。

【登攀時、下山時の注意点】
霧降大滝(2段40m)はナメ滝なので左側から簡単に登れそうに見えますが
上部2m程度が足が1歩無くて結構シビアです。
ここは思い切って更に左から巻く選択肢もアリです。
あまり人の入った様子が無いですが、それはきっとヒルのせいだと思います。

前へ戻る

15 queries. 0.031 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress