logo
logo
  ログイン 
 アクセスカウンタ
今日 : 173173173
総計 : 521648521648521648521648521648521648
 時計
 山行記録 月別過去ログ
 山行記録 検索
 リンク

■ 八ヶ岳 裏同心ルンゼ・石尊稜   2008/01/13
カテゴリー: - :

メンバー 中山、鈴木直、内海、福王寺

1月13日(日) 美濃戸〜赤岳鉱泉(TS)〜裏同心ルンゼ〜TS

本来は1月12日から3日間の予定だったが、季節はずれの南岸低気圧通過があり出発を一日遅らせる。
福王寺マイカー利用でAM8:30美濃戸着
美濃戸の状態は写真の通り。この時期としては雪が少ない。
実は写真では良くわからないのだが前日の雨とその後の寒気で路面はアイスバーン。
やまの上のほうは雪が降って真っ白。入山者も少ないのか車もまばら。

9時に出発してアイスバーンの林道・巻き道・山道を登って11時には赤岳鉱泉に着く。
赤岳鉱泉の建物の目の前にテントを張る。
12時にはアイスクライミングの支度をして出発。裏同心ルンゼに向かう。
トレースはしっかりしており何ら問題は無い。
1時にはF1に取り付く。

問題はF1より上部にあった。ひたすら谷を歩く。F2〜F3は氷があっても2〜3m。

F4〜F5に至っては写真の通りほぼ全滅。ひたすら谷を歩く!!

PM2時30分には大同心基部で記念撮影完了。

ダイヤモンドダストが降り注ぐ中を大同心稜を下降する。

PM3時30分にはテントに戻る。
夕食のキムチ鍋が旨かった。もちろん美濃戸で買った白酒も旨かった。

1月14日(月) TS〜石尊稜〜地蔵尾根〜TS〜美濃戸

三又峰ルンゼか石尊稜かと思い悩む必要は、前日の裏同心ルンゼで無くなった。
素直に石尊稜取り付きに向かってAM6:00にテントを出発する。
小同心ルンゼに入り、『あれが石尊稜だ!』なんて話しているうちは良かったのだが、下を向いてひたすら歩いているうちに急にルンゼの傾斜が立ってきており、上に見える景色も下で見た景色と違っていた。
結果として、三又峰ルンゼ入り口を見過ごし、鉾岳ルンゼに入り、危うく日の岳リッジに取り付くところだった。
ぜんぜん素直じゃないや!

早速修正して石尊稜の取り付きへ。
幸い先行パーティが1パーティであった。
ロープは ノ詭據κ_寺、◆テ盂ぁγ羯魁,覗箸燹
最初の登り始めが核心。厚いベルグラびっしりだが、アックスが良く効く。

.僉璽謄はつるべ登攀では無いのに、とにかく速い。つるべ登攀の▲僉璽謄はどんどん引き離される。
上部リッジ手前の雪稜をコンテで進む ノ詭據κ_寺ペア。(3倍望遠で撮影しないとわからないくらい遠くにいる。)追いつくのが大変だった。

後ろを振り返るとこんな感じです。結構高度感が出てきました。

最終ピッチ福王寺トップ!

後ろを振り返ると高度感バッチリ。

終了点(縦走路)はAM11:30着。
登攀開始からここまで一回も休憩が無かったのは辛かった。
でも、苦労も吹っ飛ぶすばらしいロケーションでの記念撮影。

赤岳と南アルプス

10分ほど休憩して地蔵尾根経由で下山開始する。
トレースは連休ということでバッチリ着いておりファインディングに問題は無い。
中山乗越から赤岳鉱泉へ向かう道から望む横岳西壁・中央部が石尊稜
(見ればすぐわかるのになぜ間違えたんだろう???)

13時30分にテントに戻る。
ゆっくり濡れたテントを日干しながら撤収作業。
14時30分に赤岳鉱泉を出発し16時には美濃戸の駐車場につく。
もちろん途中の林道ではスッテンコロリンをやりながらです。
17時前に駐車場を出発し、成人式で渋滞の無い中央高速で帰路に着いた。

前へ戻る

15 queries. 0.029 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress