logo
logo
  ログイン 
 アクセスカウンタ
今日 : 9
総計 : 509977509977509977509977509977509977
 時計
 メインメニュー
 山行記録 月別過去ログ
 山行記録 検索
 全国の天気

-天気予報コム-
 リンク

■ 冬合宿 空木岳   2019/12/31
カテゴリー: - :

12月31日〜1月2日
メンバー : O、N、N

12月31日(火)
前夜は諏訪湖SAにて車中泊
駒ケ根高原スキー場(P)8:00
雪は全く無い。しかも暖かい。天気予報では昼から大荒れになるとの予報。

歩き始めて直ぐに暖かい『雨』が降りだす。
林道終点まで上ると、加えて風が強くなりだし、ゴーゴー言い始める。
結局、この日は11時には池山小屋にお世話になる。

1月1日(水)
7:00出発、昨日の嵐のような天気は回復。順調に高度を上げる。
地獄を通過し斜面トラバースが一部いやらしかった。
ヨナ沢の頭まで行くと先行者のテントが数張り。
この時点で10時・・・我々は更に上部へ上がることにした。
空木平との分岐には11時に着いた。
上部から降りてきた人の情報で小屋が使えそうだったのでラッセルして小屋へ行く。
この日は、このまま小屋の世話になった。
その夜は、風が強くひどく寒かった。
小屋の中でテントを張って寝たが、この小屋の音の響きが少し変でテントの中でガサガサやっているのに
どうもテントの外から聞こえてくる気がする。
中々寝付けない中、突然胸元で『ピキッ!』と音がして、胸元の眼鏡のレンズがフレームから抜けた。
すっかりビビッてしまい朝まで寝付けなかった。
これが有名な幽霊伝説・・・か?

1月2日(木)
6:30ワカンを履いて出発、頂上直下でアイゼンに履き替えようとした時、ワカンを流してしまい,
昨夜の眼鏡事件と重なってしまい、大いにビビる。頂上7:30 

本来なら南駒ケ岳へのプチ縦走往復を計画していたが、想いの他の難路と化していた。

なので、縦走はあきらめて頂上での時間をたっぷり満喫した。

下山は、小屋まで戻りデポしていた荷物をまとめ一気に駐車場まで下山した。

小屋を10:30に出て駐車場が15時だからまあまあのスピード感だったと思う。

前へ戻る

15 queries. 0.050 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress